人工知能と社会 2025年の未来予想

監修:AIX(人工知能先端研究センター) 著:栗原聡 著:長井隆行 著:小泉憲裕 著:内海彰 著:坂本真樹 著:久野美和子

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。2025年に人工知能が到達しているであろう地点を現実的に予想!これからの社会に人工知能を活かすための技術を解説!東京五輪も終わり、超・超高齢社会を迎え大きく様変わりしているであろう「2025年」。人工知能はどこまで発展・進歩し、我々の社会に活用されているのでしょうか。本書は、2025年に人工知能が到達しているであろう地点、およびクリアできていないであろう問題点について、AIX(電気通信大学人工知能先端研究センター)を代表する研究者が独自の視点で予想します。1章 2025年が やって来る!2章 ロボットと人工知能3章 IoTとは 時間・空間・人―物間をつなげることの効果とインパクト4章 自然言語処理と人工知能5章 人工知能における感性6章 社会に浸透する汎用人工知能あとがき

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/27Posted by ブクログ

      複数の研究者さんたちが書いた書が収録されている。
      書き手によって私には難しすぎた文章と
      理解できた文章とで別れた。

    • 2018/12/02Posted by ブクログ

      ・一般化と個別適応
      それぞれのバランスが大事。どうやってとるか?

      ・よりリベラルアーツが重要になってくる。
      知能とは?人とロボットの違いとは?課題設定をどうするか?
      ⇒公共性も必要。自分にはまだ無い...

      続きを読む
    • 2018/06/24Posted by ブクログ

      人工知能について、基本的なことが確認したいと思い、読んでみました。

      これまでの人工知能の発展、現在の人工知能の状況、今後、2025年ぐらいまでの人工知能の発展の見込みについて、丁寧に書かれた本でした...

      続きを読む
    開く

    セーフモード