P+D BOOKS 黄昏の橋

高橋和巳

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全共闘世代のバイブルだった高橋和巳の長編。博物館に勤める青年・時枝正和は機動隊と学生の衝突で、一人の学生が橋から転落する様を偶然目撃する。煩雑な人間社会から逃れるように古美術世界に沈潜していた時枝だったが、この出来事により、閉ざしてきた外界に対する怒りと悲しみが再び覚醒する。事故死と報道された学生の死――だが、時枝は死んだ学生のガールフレンドに会い、事件の深層に迫ろうとするのだった。全共闘世代に多大な影響を与え、早世した作家・高橋和巳が、その晩年、理想と現実に引き裂かれる内面の荒野を描き、未完のまま絶筆した長編小説の復刻。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      河出文庫がせっせと復刊している高橋和巳だが、今回はP+D BOOKSから未完の長編が刊行された。
      高橋和巳といえば必ず『全共闘世代のバイブル』と言われるが、その『バイブル』感がある意味で最も強く出たの...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001872942","price":"660"}]

    セーフモード