【最新刊】わが子を名門小学校に入れる法

わが子を名門小学校に入れる法

著:清水克彦 解説:和田秀樹

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わが子にはできるだけ良い教育を。でも、「お受験」なんて、セレブを気どる親の見栄やエゴでは……。そうではない。教育とは、欲張りくらいがちょうどいいのだ。ましてや、「ゆとり教育」の公立小学校に、大切な六年間を任せられないのは当然! 本書では、変革し続ける私立小学校を徹底レポート。慶応や早稲田の附属をはじめ、超人気の伝統校から、画期的な四・四・四制に挑む新興のノーブランド校まで、約40校の特色を紹介する。そして、父親としての「お受験」体験を基に、合格のノウハウを指南。「お受験は幼稚園選びから」「学校説明会でのポイント」「願書は合格の登竜門」「信じてはいけない噂の数々」など、具体的なエピソードを交えて紹介する。お受験とは、合格しようと思えば思うほど、親子の関わりを増やさなければならないことが身にしみてわかるはず。はたして、難関を突破できた親子は、どこが違うのか。子育てを、真摯かつ冷静に見つめた好著である。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/05/04
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2012/09/07Posted by ブクログ

      国立小受験の欠点は、教育実習や自習が多い、中学受験で他校を受ければ附属中学校には進めない。
      幼児教室選びは最も重要。
      子供を厳しく叱らない教室、合格実績ばかり全面に出さない。
      試験は10月から11月。...

      続きを読む
    • 2006/04/20Posted by ブクログ

      図書館で見つけ、興味本位で読んでみた。

      読んでみると、教育方針がはっきりとしており良い教育を目指し切磋琢磨している私学を選ぶことも悪くはないなと感じた。もちろん、受験のために多くの事が犠牲になった...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/11/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード