【最新刊】After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門

After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門

著:大河原浩一

3,080円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    After Effects には、3DCG 制作の統合ツールであるCinema4D の簡易版「Cinema4D Lite」が付属しています。簡易版ではありますが、3DCG によるテキストアニメーションや簡単な3DCG オブジェクトを使ったモーショングラフィックスなど、応用できる範囲は広範囲に及びます。しかし、After Effects ユーザーの中には、3DCG はちょっと苦手なのでCimema4D の機能はこれまで使ってなかったと言う人も多数います。本書はそのような3DCG に不慣れな人でもCinema4D を使った3DCG アニメーションが作れるように、基本的な考え方や操作を紹介します。また、幾つかの作例を通して、実際にCinema4D Lite で作成したシーンをAfter Effects でどのように利用するのかも紹介していきます。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/27
    出版社
    ラトルズ
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • After Effectsユー...
      2018/09/11

      3d入門。3Dソフトはアイコンたくさんあって、とっつきにくいがこれ読みながら少しずつ慣れなければ…。かなり面倒なんだが…
      基本的な操作すら3dソフト慣れしてないと分からないので、ビギナーは重宝します。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード