【最新刊】私小説

私小説

市川拓司

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ぼくは彼女とふたりきり。不安と危険に満ちたこの世界で、繊細すぎるこの神経を持て余しながら、苔や羊歯に囲まれて小説を書いている。愛妻家で発達障害を抱えた恋愛小説家の、日々追想発作に苛まれるスリリングで感傷的な日常を描く、刺激的な「私小説」。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/27
    出版社
    朝日新聞出版
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 私小説
      2019/05/30

      自らを『選択的発達者』と称する作者。
      発達障害の内側@市川拓司 の場合が詳細に綴られている。
      一度講演会を聞きに行ったことがあるが、たしかに「宇宙人的」で、納得しながらほっとした。

      他人事ながら、こ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 私小説
      2020/05/28

      共感する節が沢山あった。個人的に「選択的発達者」「ケシザル星人」の言い回しが気に入った。奥様との会話や生活の様子は、読んでいてホッコリ。私も植物に囲まれたシンプルな生活をしてみたい。

      Posted by ブクログ
    • 私小説
      2018/04/15

      発達障害”選択的発達”の著者の私小説というか
      エッセー的な内容。
      ここまで生きづらいのかというのは少々驚いてしまって
      少し大げさなのではないかと思ってしまいます。
      それからすると私の息子はまだまだ、楽...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード