【最新刊】翔ぶ少女

翔ぶ少女

著:原田マハ

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1995年、神戸市長田区。震災で両親を失った小学一年生の丹華(ニケ)は、兄の逸騎(イッキ)、妹の燦空(サンク)とともに、医師のゼロ先生こと佐元良是朗に助けられた。復興へと歩む町で、少しずつ絆を育んでいく四人を待ち受けていたのは、思いがけない出来事だった――。『楽園のカンヴァス』の著者が、絶望の先にある希望を温かく謳いあげる感動作。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/27
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(49件)
    • 翔ぶ少女
      2019/04/23

      まもなく平成という時代が終わりを告げます。いろいろなことがあった平成。振り返ると、私の中では一番のキーワードとしてでてくるのが「災害」です。大震災・大洪水・台風・土砂崩れ・火山噴火・原発事故・・・本当...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 翔ぶ少女
      2020/08/04

      阪神・淡路大震災で崩壊した神戸市長田区で生きるふたつの家族の物語。

      まさに地元で被災したわたし(生まれて3ヶ月なので記憶は無いけど)は、毎年1.17になると昔から通ってた学校で追悼の式が執り行われて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 翔ぶ少女
      2016/05/12

      涙腺崩壊注意。被災者の苦しみ。自分の乏しい想像力を実感させられる。たとえ大きな傷を負ったとしても、そこから回復に向かうなどと安易に考えていたことが恥ずかしい。苦しみの中、手に手を取って生きていく姿に感...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード