「ハリー・ポッター」Vol.5が英語で楽しく読める本

著:クリストファー・ベルトン 訳:渡辺順子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    原書に挑戦する人をパワフルに応援長い、分厚い、でも絶対に読みたい! 1日でも早く読みたい! そんな「ハリー・ポッター」ファンをサポートする、シリーズ5作目、Harry Potter and the Order of the Phoenix(『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)を原書で読むための強力なガイドブックです。分析してみると、使われている語彙の約8割は中学・高校で習う単語とはいえ、日本人にとっては一筋縄ではいかないのは事実。そこで、翻訳家および小説家として活躍しているイギリス人の著者が、ときにユーモアをまじえて「ハリー・ポッター」5巻目の英語をやさしく解き明かします。本書の特長は、単なる用語集ではなく、語源やそのことばに込められた意味、文化的背景なども解説し、英語ということばへの興味、ストーリーのより深い理解につながるように構成している点です。これから読もうとしている人や、原書を購入したものの途中で挫折してしまった人はもちろん、自力で何とか読み通した人にもおすすめ。J.K.ローリングのことば使いの巧みさに新たな発見が続々、原書を読む楽しさをあらためて実感する1冊です。[本書の構成]全38章について章ごとに以下の要素で構成●「章題」 タイトルに込められた意味合いを解説●「章の展開」 その章の読みどころをアドバイス●「登場人物」 新しく登場した人物、またはひさびさに登場した人物を紹介●「語彙リスト」 場面単位で米版と英版の該当ページおよび行を示しながら、難しい単語や固有名詞、イディオムの日本語訳を掲載●「地の文」「せりふ」「呪文」「魔法界の生き物」「魔法の道具」「情報」 その章の各項目の中で、特に注意したい用語や、原作者のJ.K.ローリングの意図を深く理解するために必要な知識を詳しく解説

    続きを読む
    • 「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本 全 8 巻

      8,360円(税込)
      83pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2011/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/07/06Posted by ブクログ

      洋書でも、

      これとあと、やる気さえあれば高校生くらいなら読めます。

      中学生も意味たどるくらいなら読めます。

      やる気さえあれば・・・

    開く

    セーフモード