「ハリー・ポッター」Vol.4が英語で楽しく読める本

著:クリストファー・ベルトン 訳:渡辺順子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    14歳になったハリーを待っているものは? 本書があれば辞書なしで原書が読める!「ハリー・ポッター」シリーズ第4巻、Harry Potter and the Goblet of Fire(邦題『ハリー ・ポッターと炎のゴブレット』)を英語で読むためのガイドブック。第4巻の総語数は19万語強と、第3巻の約2倍。本の厚みに圧倒されそうですが、中身は高校1年までに習う単語が77%を占め、さらにおなじみの固有名詞を加えれば、約85%はほとんど誰もが知っている単語といえます。しかし、いくら児童書とはいえ、原書が手強いのは事実。そこで、いちいち辞書を引かずにドンドン読み進めて、ストーリーの流れにうまく乗ることができるように、本書がガイド役を務めます。これからペーパーバックに挑戦する人、途中でギブアップしてしまった人はもちろん、自力で何とか読み通してみたが「イマイチよくわからなかった」という人にもおすすめです。暗く重いテーマをはらみながらも、クィディッチ・ワールドカップや三大魔法学校対抗試合の開催と、手に汗握るストーリーが進行する第4巻。ペーパーバックなんてとても無理と敬遠してきた人も、原書を読む楽しさに目覚め、英語力をグーンとアップさせるチャンスです。

    続きを読む
    • 「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本 全 8 巻

      8,360円(税込)
      83pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2011/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/07/06Posted by ブクログ

      洋書でも、

      これとあと、やる気さえあれば高校生くらいなら読めます。

      中学生も意味たどるくらいなら読めます。

      やる気さえあれば・・・

    開く

    セーフモード