【最新刊】「ハリー・ポッター」Vol.8が英語で楽しく読める本

「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本

8冊

著:クリストファー・ベルトン 訳:渡辺順子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。今年の7月末、「ハリー・ポッター」シリーズ8作目にあたる“Harry Potter and the Cursed Child”(ハリー・ポッターと呪いの子) Special Rehearsal Edition英語版(Little,Brown)が発売されました。このメルマガの読者の方のなかにもすでに購入され読んでいらっしゃる方も多いのではないかと思います。最終巻と思われていた「ハリー・ポッターと死の秘宝」(2007年)から9年。誰もが予期していなかった続編の出版に、世界中で大きな反響が起こっています。 弊社はこれまで、「ハリー・ポッター」を英語で楽しく読むためのシリー『「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本』Vol.1~7を刊行してきましたが、今回も、その8作目『「ハリー・ポッター」Vol.8が英語で楽しく読める本』の制作を進めております。 全75シーン、原書Special Rehearsal Editionをスムーズに読んでいくことができるように、難しい語句、固有名詞、口語表現などの日本語訳を掲載しています。日本語に訳さずに、英語のまま理解したい読者のためには、英語の同義語も並記しており、英英辞典としても使えます。これまでのシリーズ同様、呪文や人名にJ・K・ローリングが忍ばせた、ラテン語、ギリシャ語、フランス語などの語源、イギリスの文化的・社会的背景など、日本人にはわかりにくいポイントをクリストファー・ベルトンが詳しく解き明かします。今月末発売予定ですので、日本語訳ではなく英語で原書を楽しみたい方は、ぜひご購入いただきたいと思います。

    続きを読む
    ページ数
    210ページ
    提供開始日
    2018/09/07

    レビュー

    4
    10
    5
    3
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/08/21Posted by ブクログ

      原書を読む時の副読本として近々購入予定。
      今でなくてもいいかなと思ったけど欲しいときに廃盤じゃ困るし。
      (実際先に購入した3巻?に関してはネットでもかなり品薄)

    • 2012/08/21Posted by ブクログ

      原書を読む時の副読本として近々購入予定。
      今でなくてもいいかなと思ったけど欲しいときに廃盤じゃ困るし。
      (実際先に購入した3巻?に関してはネットでもかなり品薄)

    • 2012/08/21Posted by ブクログ

      原書を読む時の副読本として近々購入予定。
      今でなくてもいいかなと思ったけど欲しいときに廃盤じゃ困るし。
      (実際先に購入した3巻?に関してはネットでもかなり品薄)

    開く

    セーフモード