【最新刊】100年後も読まれる名作(13) 雪の女王

100年後も読まれる名作

13冊

作:アンデルセン 訳:木村由利子 絵:POO 監修:坪田信貴

1,034円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少女のひたむきさが、人や動物の心をうごかし奇跡をおこす!「きっと見つける。あの日の君を…」【オールカラー版】雪の女王と消えた幼なじみの少年カイを、ゲルダは泣きながらさがしつづける。魔女の花園、王女の宮殿、山ぞくのアジト――ゲルダのひたむきさは、行く先々で、人や動物の心をうごかし、奇跡をおこす。そしてついに雪の女王の城にたどりつき……世界中で愛されるデンマークの名作が、オールカラー版になった!※この本は『新訳 雪の女王 アンデルセン名作選』(角川つばさ文庫)を原本にした改訂版です。【あらすじ】みにくいものをよりみにくく、美しいものをつまらなく映す、悪魔の鏡。それが何億ものカケラとなって世界中にくだけちった!カケラは、少女ゲルダの幼なじみカイにもつきささる。優しかった少年はすっかり冷たくなり、雪の女王についてどこかへ消えてしまう。のこされたゲルダは手がかりもなく、はだしでカイをさがす旅に出るが…。二百年の時をこえてよみがえる、絶対泣ける、感動のラブストーリー!【この本のおすすめポイント3】1.お話にはいりやすい『物語ガイドまんが』2.わくわく読書できる『カラー絵+ポスター』3.ビリギャル先生が教える『読書感想文の書きかた』【みんなの声】「100年後の人にも、この本を好きになってほしい」(小3女子)「めっちゃオススメですよ! ひろめる!」(小2女子)「えがめっちゃおもしろかった。すきになっちゃった」(小1女子)「おばあちゃんになっても、まごに読んであげられる」(小3女子)「毎日読みなおしたくなった」(小3女子)「読書感想文におすすめ。本がにがてでも書きやすい」(小6女子)

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/08
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/25Posted by ブクログ

      私もセーラみたいな、苦しい時でも笑っていられる明るい人になってみたい。それにしても、
      ミンチン先生、人によって態度を変えるなんて子供みたい‼︎セーラの面白いお話聞いてみたい。セーラのお父さんは、裏切ら...

      続きを読む
    • 2018/06/23Posted by ブクログ

      絵がかわいくて、文章も読みやすく小学校低学年の女の子が読むのにピッタリです。
      これで興味をもって、もう少し長い文章が読めるようになった頃にちゃんとしたのをよむきっかけにもなれば。

    • 2018/04/19Posted by ブクログ

      読み助2018年4月19日(木)を参照のこと。http://yomisuke.tea-nifty.com/yomisuke/2018/04/3-9513.html

    セーフモード