アンダルシアにて【ハーレクイン文庫版】

ヴァイオレット・ウィンズピア 翻訳:斉藤雅子

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    スペインの病院で目覚めたとき、アラベルは記憶を失っていた。見舞いに来たコルテスに夫だと言われても、何も思い出せない。それどころか、地元の名士だという尊大そうな夫の顔は、アラベルをひどく落ち着かない気持ちにさせるのだ。だれかほかに愛した人がいたような気がして……。連れて帰られた豪奢な屋敷で、コルテスに執拗に体を求められて、否応なく甘美な夢を与えられるけれど、なぜかむなしさが募る。ある日、夫の愛人と名乗る女性に、籠に入った鳥を見せつけられ、アラベルは思わず悲鳴を呑み込んだ。もしかしてこれが私なの? *本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード