地球にちりばめられて

多和田葉子

1,771円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hirukoは、大陸で生き抜くため、独自の言語〈パンスカ〉をつくり出した。Hirukoはテレビ番組に出演したことがきっかけで、言語学を研究する青年クヌートと出会う。彼女はクヌートと共に、この世界のどこかにいるはずの、自分と同じ母語を話す者を捜す旅に出る――。誰もが移民になり得る時代、言語を手がかりに人と出会い、言葉のきらめきを発見していく彼女たちの越境譚。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(33件)
    • 2019/03/19Posted by ブクログ

      これは多和田葉子にしか書けない小説。エクソフォニー、母語の外へ渡って行くことで母語の響きに含まれる根源的な意味に通ずること。しかしその境地に至ることに付随する孤独。それが書き記された文章の中にまざまざ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2021/02/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2018/10/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード