「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書)

「最前線の映画」を読む

町山智浩

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画を観れば「世界の今」が分かる! アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を当代一の評論家が鋭く解剖。なにげないシーンやしぐさに秘められた監督の意図、ちょっとした台詞の中に隠された過去の名作・傑作の引用などを次々に読み解いていく――。「町山映画塾」、ますます絶好調!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/27
    連載誌/レーベル
    集英社インターナショナル
    出版社
    集英社
    ジャンル
    趣味・実用
    • 「最前線の映画」を読む 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「最前線の映画」を読む 全 2 巻

      1,562円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(24件)
    • 「最前線の映画」...2019/03/20Posted by ブクログ

      【スクリーンの裏側へ】映画評論家として活躍する町山智浩が、『ラ・ラ・ランド』や『インターステラー』など、近年話題となった作品に焦点を当て、隠されたメッセージの読み解きに迫った一冊。映画作品に絡めた時事...

      続きを読む
    • 「最前線の映画」...2018/11/06Posted by ブクログ

      町山さんが、最新の映画を語る。
      惹きこまれるエッセイ、もしくは短編小説を読んでいるような気分になる。

      私は紹介されている映画1本も観ていなかったが、読んでいて非常にワクワクした。

      それは町山さんの...

      続きを読む
    • 「最前線の映画」...2018/11/25Posted by ブクログ

      映画を深読みすると・・・・という本。
      例えば、猿の惑星は人種開放の物語と重ねてみると・・・のように、映画で語られる物語は、何かのたとえとしてとらえると映画の見方も変わってくる。

      ワンダーウーマンは、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード