【最新刊】ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲 罪を喰らうもの

ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲

2冊

久賀理世

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    美貌の怪異コレクター小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の青春と友情閉ざされた聖堂に現れた変死体。最も罪深き者は誰か? 真相は怪異か、人の業か――。親族に疎まれ失意のまま辺境の神学校に編入したオーランドは、この世の怪を蒐める不思議な少年と出会う。のちに日本で『怪談』を著したラフカディオ・ハーン――小泉八雲が英国で過ごしたまばゆい青春と友情の記録。日に日に恐るべき速さで成長する子どもが彼らのもとをおとずれる奇譚「名もなき残響」、姿を消した黒猫と死を呼ぶ青い蝶を巡る「Heavenly Blue Butterfly」、他一編。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/21
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲 全 2 巻

      1,683円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    3.1
    7
    5
    0
    4
    1
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/01Posted by ブクログ

      【内容】若かりし小泉八雲が寄宿舎で出合う怪異たちの正体は?
      【感想】小泉八雲である必要はあまりない感じもするが。イメージする八雲よりクールな感じ。作品自体は暇つぶしに向いている。精霊のようなものが存在...

      続きを読む
    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      舞台は19世紀の英国。

      あちらとこちら側のものがすれ違ったり交錯したりする境界に焦点を当て、二人の少年が怪異を解き明かしていくというちょっとしたミステリ。

      とても好みの作品だった。
      二人の少年の一...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード