【最新刊】0歳の赤ちゃんの気持ちがわかる本 言葉のない1年間には意味がある

0歳の赤ちゃんの気持ちがわかる本 言葉のない1年間には意味がある

小西行郎

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    赤ちゃんは視線や表情、しぐさで親に気持ちを伝えようとします。まだ言葉を使えない、最初の1年間に、親がそれを読みとりしぐさを返していくことでコミュニケーションの土台ができるのです。そして1歳になる頃から、その土台の上に言葉がのってくる。赤ちゃんはそうやって成長していきます。本書では赤ちゃんの様々なしぐさの意味をわかりやすく解説。赤ちゃんの言葉にならない思いを知れば、子育てがますます楽しくなります。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    105ページ
    提供開始日
    2018/04/20
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/02/21Posted by ブクログ

      現在まさに0歳児を育てていて、息子の気持ちを少しでもわかりたいのと、日々接していて「この仕草は意識してやっているのか、それとも……?」と疑問を持つことが多いので、読んでみました。

      赤ちゃんの行動発達...

      続きを読む
    • 2018/02/28Posted by ブクログ

      発達心理学を一般向けにわかりやすく説明した本で、赤ちゃんの行動の意味がわかり、育児を楽にさせてくれました。

    • 2012/09/28Posted by ブクログ

      0歳児の特徴を科学的に知ることができる本。

      赤ちゃんは自分の力で成長する能力が備わっているので、周りの情報に振り回されずに楽な気持ちで子育てすれば良いと感じた。

      赤ちゃんの産まれたばかりのママ、も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード