聖地の想像力――なぜ人は聖地をめざすのか

植島啓司

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宗教や文明が盛衰する中で、聖地は古来より不動のまま、無数の人々から巡礼の対象とされてきた。エルサレムは現在も複数の宗教の聖地であり、メッカはイスラム教成立以前から聖地として機能していた。なぜ聖地は動かないのだろうか。その深層には何があるのか。サンティアゴ・デ・コンポステラ、日本の奈良、ギリシャの神殿をはじめ、関連する様々な事象を考察しつつ、聖地という空間がどのような存在なのかを明らかにする。 【目次】はじめに/01 聖地の定義/02 石組み/03 この世に存在しない場所/04 ドン・ファンの教え/05 もうひとつのネットワーク/06 巡礼/07 世界軸 axis mundi/08 二つの聖地/09 夢見の場所/10 感覚の再編成/註一覧/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      聖地は地球のへそ。そこは裏宇宙とつながる場で、感覚の再編成が行われる。母胎回帰本能により、人々は古代から変わらず聖地を目指してきた。すでに持っていたスピリチュアルな知識と合わさって、非常に理解が深まっ...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      宗教が変わり、国家が替わっても、聖地の場所は変わらない。
      なぜ聖地は何千年も移動せず、人は聖地をめざすのか?
      世界中の聖地を訪ね、研究してきた宗教人類学者が、「聖地の謎」を読み解く。

      ...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      すべて抱壊され、感じられ、実験され、考えられ、見抜かれたものは現実である。そして現実以外には何ものもない。世界は世界ではない。

    開く
    [{"item_id":"A001865156","price":"671"}]

    セーフモード