いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】 (1) 第1話

曽根富美子

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家庭内暴力、摂食障害、醜貌(しゅうぼう)恐怖… 様々な心の病。その原因を「その子も私達も含めた家族全体の中にある」という視点で、「家」という「その場」を直すことで心を回復させる―― …それが「家族療法」。家族が抱える心の病、そしてそれを克服しようと懸命に努力する姿、壮絶な治療過程を丁寧に描いた“家族”傑作選。※本書はぶんか社刊の単行本『家族再生~心理療法の現場から』から『子供の私が震えている』『アンビバレンス』を除き、『見つからない心、母と娘』『母さん 僕を抱きしめて!』を加え、改題・再編集し電子書籍化したものです。

    続きを読む
    • いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】 全 7 巻

      未購入巻をまとめて購入

      いちばん恐いのは家族―心理療法の現場から【分冊版】 全 7 巻

      1,540円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード