【最新刊】占い師はお昼寝中

占い師はお昼寝中

著:倉知淳

621円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    渋谷のおんぼろビルにある「霊感占い所」には、今日も怪異な現象に頭を悩ますお客さんがやって来る。身の回りの物が消え失せてゆくサラリーマン、ポルターガイスト現象に苛立つキャリアウーマン、写真を撮ったら背後に霊が写った学生、そしてドッペルゲンガーに悩む主婦。そんな彼らの相談に応えて占い師が口にするのは、三度狐や水溶霊など、奇天烈な霊や妖怪の名前ばかり。それらは全部インチキだが、しかし彼の「ご託宣」はいつも見事に怪異の裏に隠された真実を突く。始終寝ている占い師・辰寅叔父と、巫女役をつとめる美衣子の心優しき推理の日々を描いた安楽椅子探偵連作集。/解説=青井夏海

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/18

    レビュー

    3.5
    24
    5
    2
    4
    9
    3
    12
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/03/21Posted by ブクログ

      猫丸先輩と並んで好きな探偵役の辰寅おじさん。どっちも職業らしい職業についてないふらふらしてばっかりの人ですが洞察力と粋な采配は最高です。インチキ占い師の叔父とバイトで巫女やる姪の謎解き短編集。叔父と姪...

      続きを読む
    • 2004/10/21Posted by ブクログ

      ぐうたら占い師とその助手が繰り広げる、(基本的に)心温まる安楽椅子探偵連作集。倉知さんの作品は人への視線が優しくて好きだなあ。

    • 2007/03/21Posted by ブクログ

      ユーモアミステリー。連作短編集。全6話。

      占い師というキナ臭い仕事をする叔父をもつ主人公。この叔父のところにもちこまれる怪奇現象。彼は『狐が憑いている』など、舌先三寸で相手を言いくるめる。しかし、な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード