【最新刊】少しかしこくなれる数式の話

少しかしこくなれる数式の話

笠倉出版社

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    数学や科学の世界では数式がかならず登場します。英数字と記号の羅列である数式は、それらの知識がない人にとってはいっさいわからないもの。数式を理解して、はじめて数学や科学がわかるといってよいでしょう。一方で、物理の法則を数式で説明できるように、生活や経済のしくみも数式で説明することができます。本書では、「数学」「生活」「科学」「経済」にわけ、それぞれの分野で成りたつ数式を紹介します。かりに数式自体の解き方はわからなくとも、それらがはたす役割や利便性を理解して少しかしこくなりましょう。【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。【主な収録内容】●第1章「数学の式」幾何学の源泉、ここにありあの三角形の公式をもう一度もうひとつの面積の求め方多角形の内角の和はいくつ?平行四辺形の面積は長方形と同じ 他●第2章「生活の式」彼女になりうる人数は?集合写真は何枚撮ればバッチリ?ジョークのおもしろさを数値化数学者が作ったおいしい公式みんなの肺活量どれくらい? 他●第3章「科学の式」たった1行に示された太陽の原理宇宙旅行をすれば歳をとらない?宇宙旅行にいくと太ってしまう?宇宙のものさし「天文単位」宇宙人はどれくらいいる? 他●第4章「経済の式」GDPってどうやって計算?あらためて経済成長率ってどう計算?大丈夫ですか? 利益と損益分岐点売上高をめざせ! 税込価格から消費税額を一発算定!  他

    続きを読む
    ページ数
    132ページ
    提供開始日
    2018/04/20
    連載誌/レーベル
    サクラBooks

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/17Posted by ブクログ

      元々、料理レシピを書き写すのに簡単な方法はないかということで、数式の活用を思いつき、手にとってみた本。

      イギリス・リーズ大学の研究者たちが、700種類のベーコンサンドを1000時間かけて食べて導き出...

      続きを読む
    • 2018/03/28Posted by ブクログ

      少し賢くなれる単位のはなし
      に続く、わかりやすい、読みやすい数式のはなしです。
      中学以上は買い!
      小学校もゆとりがあれば入れといて。
      司書はとりあえず眺めてね。

      2018/03/28 更新

    セーフモード