【最新刊】大前研一 世界の潮流2018~19

大前研一 世界の潮流2018~19

大前研一

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【内容紹介】30万部を超える『日本の論点』シリーズに続く、2018~19年の世界を分析した大前研一氏の渾身の作。大前氏は、世界の経済・政治・産業を以下のように分析します。経済をみるとお金を刷りさえすれば景気はよくなるといった状況ではなくなりました。政治においては、独裁色の強いリーダーが目立ってきています。産業界は、クラウド、モバイル、IoT、AIといった新しい技術が急激な進化を遂げています。中国の台頭やアメリカにおけるユニコーン企業の登場といった新しい変化に、日本はどのような対応をしていけばいいのでしょうか。大前氏は「21世紀は変化のスピードが激しく、たとえいまは良くても明日は自分自身が危機に陥る危険性をはらんでいる。今見えている世界から未来を読む必要がある」といいます。「この本では、自分の見えている世界が展開されているので、この本を読んだ後は、自分自身の頭で日本と世界について考えてみてほしい」というのが、今の大前氏の願いです。これからの世の中がコンパクトに分析されていますので、是非、ご一読頂けると幸いです。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/13

    レビュー

    • 2018/11/10Posted by ブクログ

      さすが大前研一さん 世界の情勢をコンパクトに教えてくれる
      1.世界 通貨供給量88兆$>GDP75兆$ 2008年リーマン後
        アメリカ経済に牽引されて、中国の高い成長が、新興国成長へ波及
        米国...

      続きを読む
    • 2019/04/15Posted by ブクログ

      ずっとそれこそ20年前くらいから名前は知っていたが初めて読んだ。新社会人になったばかりの友人Jが昔貪り読んでいた記憶がある。内容のほとんどが経済用語や政治の話でもちろん難しいが少し知識として頭に入れる...

      続きを読む
    • 2018/05/03Posted by ブクログ

      【人材不足が経済格差を生んだ、と明言】
      アメリカはともかく中国や他の国々の後塵を排するようになってきている日本だが、大前研一さんは人材不足が経済格差を生んだと明言している。

      変えようという力の不足、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード