よくわかる 経済数学入門講義〈下〉動学分析編

門川和男

2,798円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    本書は、同書の上巻である静学分析編に対して、その動学分析編に対応する下巻である。本書は、社会科学で利用される数理的な分析手法について、学部レベルの学習から、大学院での研究までの橋渡しを目的とする学習書であり、本書の下巻に当たる動学分析編では、より高度な経済数学について紹介していくことにする。下巻のハイライトとしては、上巻の内容を補足する形で、最適化問題における行列の役割について詳述した後、それを応用して比較静学分析について紹介していくことにする。また、本書の中盤では、上巻で扱わなかった積分法について紹介し、その積分法が、経済分析において、どのように応用されているのかについて、代表的なマクロ経済モデルについて解説しながら紹介していくことにする。さらに、本書の後半では、近年、特にその重要性が高まっている、離散数学について、ゲーム理論と社会的選択理論について解説しながら、その利用法について詳しく紹介していくことにする。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード