【最新刊】独裁の宴 世界の歪みを読み解く

独裁の宴 世界の歪みを読み解く

手嶋龍一 著/佐藤優 著

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    乱世のリーダーに告ぐ!トランプと金正恩は「言葉の戦争」を繰り広げ、東アジアは危険な水域に――。日本は北の核・ミサイル危機にどう対処するべきか。インテリジェンスの巨匠はこう見る米朝衝突の危機に加え、帝国主義化する中露の指導者は独裁色を強めつつある。グローバリゼーションの進展で、経済も政治も各段にスピードが早くなり、国家の意思決定はますます迅速さが求められるようになった。手間もコストもかかる民主主義への市民のいらだちは募るばかりだ。しかし、だからといって、民主主義は捨てられない。こんな乱世のリーダーはどうあるべきなのか……。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/13
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 独裁の宴 世界の...2018/02/14Posted by ブクログ

      【極点化する世界で】「インテリジェンス」という言葉を巷間に広めるきっかけを作った2名が,北朝鮮やトランプ政権等,最新の国際情勢を語り尽くした作品。著者は,外交ジャーナリストとして特に米国に詳しい手嶋龍...

      続きを読む
    • 独裁の宴 世界の...
      ネタバレ
      2017/12/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 独裁の宴 世界の...2018/01/31Posted by ブクログ

      何点かはっとさせる記述があり、示唆に富んだ一冊。政府や報道を鵜呑みにしていては情勢はわからない。悲観だけでなく希望もある。選択肢の一つがみえた。

    開く

    セーフモード