「頭がよい」って何だろう――名作パズル、ひらめきクイズで探る

植島啓司

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「頭がよい」という言葉は、日常的によく使われる。しかし、実際にその基準はどこにあるのだろうか。偏差値が高い、学校の勉強ができる……それが頭がよいということと、必ずしも同一でないのは、もはや自明になっている。では本当の意味で、頭がよいとは何だろうか? 本書は、柔軟な発想やひらめきを必要とする名作パズル、難問・奇問を紹介しつつ、「天才」たちのエピソード、知能(IQ)をめぐるさまざまな事象などに触れ、「頭がよい」とは何か、どうすれば頭がよくなるのかを探っていく。 【目次】01 はじめに/02 あなたは次の問題が解けますか?(1)/03 世界一知能の高い女性/04 モントリオール会議/05 何が測られるべきか、何が不必要か?/06 知能指数(IQ)/07 問題点/08 デボノの水平思考/09 なぞなぞ/10 トリックかいかさまか/11 考えられないことを考える/12 科学は何も証明しない/13 発想の転換/14 頭の体操/15 天才は学校ギライ/16 天才は計測できるか/17 あなたは次の問題が解けますか(2)/18 MENSA(メンサ)/19 視覚的思考(1)/20 視覚的思考(2)/21 カスパロフvs.ディープブルー/22 <間違える>って何?/23 チューリングテスト/24 フォークト・カンプフ検査/25 偶然の力/26 いったい誰が正しいのか?/27 すべての人に可能性あれ!/28 おわりに~巻末回答篇/註/参考文献/あとがき

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    12
    5
    2
    4
    3
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/12/25Posted by ブクログ

      本書を読むと、IQや偏差値では測れない本当の「やわらかい脳みそ」というのは、こういう所にあるんだろうと感じます。

      実際のパズルを用いて読者の裏をかき続ける展開は非常に憎いですが、それがまた楽しい。
      ...

      続きを読む
    • 2004/11/26Posted by ブクログ

      これはThat's rightだ。 「アウトサイダーアート」という本の後に、読んでいたのが、読んでいくうちになにか非常にその本と似たよなテイストを感じた。 こういう本を書いている著者の物腰の柔らかさと...

      続きを読む
    • 2010/05/10Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      「頭がよい」という言葉は、日常的によく使われる。
      しかし、実際にその基準はどこにあるのだろうか。
      偏差値が高い、学校の勉強ができる…それが頭がよいということと、必ずしも同一でないのは、も...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001861310","price":"660"}]

    セーフモード