【最新刊】家族シアター

家族シアター

1冊

辻村深月

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「家族」で起こる、ささやかな大事件。いま一番旬な作家、辻村深月の最新文庫。息子が小学六年の一年間「親父会」なる父親だけの集まりに参加することになった私。「夢は学校の先生」という息子が憧れる熱血漢の担任教師は積極的に行事を企画。親子共々忘れられない一年となる。しかしその八年後、担任のある秘密が明かされる(「タイムカプセルの八年」より)。家族を描く心温まる全7編。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    68
    5
    13
    4
    33
    3
    21
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/28Posted by ブクログ

      『家族シアター』
      素敵な題名
      ふいに泣きそうになるほど心が温かくなる物語
      いつか読み返したくなるような本でした。

    • 2020/01/13Posted by ブクログ

      大好きでした。
      全部解決のハッピーエンドというわけではなく、火が灯されたようなあたたかさ。
      きっとこれからも、幾度も衝突して時にはまた消えそうになりながら、その火は大きくなって行くんだろうというあたた...

      続きを読む
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

      面白い!本のオススメ雑誌に載ってて、読みたかった一冊。

      最近、島から帰ってきた妹と一緒に仕事しているので、妹と話す機会がかなり多いんだけど、ふとしたときに会話する過去の我が家あるあるが、妹の視点で語...

      続きを読む
    開く

    セーフモード