【最新刊】家族シアター

家族シアター
1冊

辻村深月

777円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

「家族」で起こる、ささやかな大事件。いま一番旬な作家、辻村深月の最新文庫。息子が小学六年の一年間「親父会」なる父親だけの集まりに参加することになった私。「夢は学校の先生」という息子が憧れる熱血漢の担任教師は積極的に行事を企画。親子共々忘れられない一年となる。しかしその八年後、担任のある秘密が明かされる(「タイムカプセルの八年」より)。家族を描く心温まる全7編。

続きを読む
提供開始日
2018/04/13
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

3.8
56
5
12
4
24
3
19
2
1
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/07/20Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2019/06/20Posted by ブクログ

    たまたま目についたから。中身もたしかめず、何も考えずに買った。読み始めてから、「あ、短編集なんだ」と思った。辻村深月の短編を読むの初めてだった。
    題名が示しているように、この本は家族をテーマにしたオム...

    続きを読む
  • 2019/05/15Posted by ブクログ

    親子、兄弟姉妹、どこの家族でも家庭内に何らかの軋轢はあるものだ。そしてそれはこんなものと、7つの話はしている。そして、少しづつだけど抜け出る光はあるのだよという話になっている。その兄弟姉妹、親子、親戚...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード