【最新刊】「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本
1冊

著:濱田秀彦

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    若手社員15000人の悩みと管理職5000人のホンネを集約!「上司から任せてもらえず逐一チェックが入る。監視されているようで窮屈だ」「苦労して作った企画が上司にまったく通らない。それ以前に伝わらない。聞く気すらないように感じてイライラする」「報告しても、上司が納得してくれない。相談をしても期待するような答えが返ってこない。話が通じないようでもどかしい」職場における、上司にまつわる悩みは尽きません。実は、大半の上司は、察して動いてくれる“間のいい”部下を評価しているのです。一方、察しの悪い部下に対しては、指示的になり、仕事を任せません。その“察しの良い・悪い”が一番現れるのが、言葉。つまり本書のテーマである「話し方」です。そこで本書は、上司と部下の「溝」を埋めるための「察知する話し方」=理解され、認められるための聴き方・話し方のルールを解説します。何を話すのか、いつ話すのか、どんな言葉を選ぶのか--。説明、交渉、質問、謝罪、苦情表明、報連相などのシーン別に、「察知する話し方」と、それを活かすための上司の察知のポイントを解説。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/09
    出版社
    かんき出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/11/01Posted by ブクログ

      やりにくい上司と上手く意思疎通するためには、話しかけるタイミングや上司の求めている情報が何かをよく「察する」こと。「話し方」や上司の話の「聴き方」にはコツがあるので、セオリーを習得すること。加えて、上...

      続きを読む

    セーフモード