日経アーキテクチュアSelection キーワードでわかる都市・建築2.0

編:日経アーキテクチュア

2,592円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。五輪後に都市・建築をめぐる技術・ビジネスが激変!「今」と「これから」がわかる100のキーワードを徹底解説2020年以降の建築界はどう変わるのか。何が生き残りのカギになるのか──。日経アーキテクチュア編集部が総力をかけて、建築全領域の“変化の兆し”を取材しました。12のテーマ、100のキーワードに整理して、分かりやすく予測・解説しました。いま何が起こっているのか、大きな流れとして、都市・建築はどこに向かっているのか。新しい時代を生き抜くための1冊です。★好評発売中の「世界の木造デザイン」「世界のリノベーション」に続く、「日経アーキテクチュアSelection」シリーズの第3弾です。■主な内容 東京大改造 「都市資産」のマネジメントに本腰 地方再生  「都市に勝つ」地方が登場 ビッグデータ 都市づくり手法がICTで様変わり スタートアップ 常識壊す新しい建築の芽 インバウンド 迫る!宿泊ビッグバン ストック再生 空き家ビジネスが急成長 意匠・計画 混沌を混沌のまま生かす 新素材   ハイテク素材で高まる自由度 環境・エネルギー 建築の未来は「健康」が導く 防災・減災 安全を瞬時に「見える化」 生産性革命 建設現場で進むデジタル競争 建築産業・法制度 「働き方改革」待ったなし

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード