【最新刊】本当はこわい話7 黒のパスワード

本当はこわい話

作:小林丸々 絵:ちゃもーい

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    正解が分からない。どうすればいい?頭は真っ白。でも僕は手をあげることにした。学級委員の雅志がパッと手をあげたから、僕も遅れてマネをしたのだ。僕をささないで。心の中でそう願った。きっと、他の子も同じだったはずだ。横目で見ると、みんな手をあげていたんだ。――あなたはこのお話にかくされた恐怖の真実に気づける? 大人気シリーズ第7巻!※真実は本の中で確認してね。【小学中級から ★★】

    続きを読む
    提供開始日
    2021/05/12
    連載誌/レーベル
    角川つばさ文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    児童文学
    • 本当はこわい話 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      本当はこわい話 全 7 巻

      5,038円(税込)
      50pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 1巻
      2019/01/12

      この本は、一見なんでもないお話のようだけど、意味が分かるとゾッとする所がおもしろいです。かくされた真実が分かるとスッキリします。たくさんの話があってとてもおもしろいです。

      Posted by ブクログ
    • 2020/12/12

      やっぱり無理矢理感がある。
      解説に頼っている感じ。
      解説があるのは分かりやすいのだけど、解説が無いと理解が難しいというのはどうなのさって話だから、そのバランスが難しいですよね。
      そして理解できたとして...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/03/11

      騙そう騙そうとしている感じが文章の中に溢れていて醒めてしまう。
      騙されて良かったと思えるぐらいの心地よい読了感が欲しい。
      ふーん、とか。
      なにそれ、とかでは悲しい。
      子どもたちはこれで満足するのかな。...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード