【最新刊】アウトロー臨終図鑑

アウトロー臨終図鑑

著:山平重樹

805円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    革命家、プロ選手、芸能人、映画人、作家、政治家、任侠人……ここには世間から見れば型破り、落ちこぼれた異端者しかいない。尾崎豊、小池重明、たこ八郎、横山やすし、野村秋介、安藤昇といった有名人から、著者が偏愛畏怖する斎藤竜鳳、江藤小三郎、高橋和巳、村上一郎まで、男の中の男71人の激烈に生きた証と死に様を謳った愛と憧憬のバラード。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/04/10
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • アウトロー臨終図鑑2018/05/06Posted by ブクログ

      山平重樹『アウトロー臨終図鑑』幻冬舎アウトロー文庫。

      タイトル通り、様々な思想を携えた様々な業界のアウトローたち71人の生き様と死に様を描いた掌編ノンフィクション集。

      アウトローの幾人かに的を絞り...

      続きを読む
    • アウトロー臨終図鑑2018/06/14Posted by ブクログ

      頻繁に立ち寄る駅前の書店で、目に付いたので購入した。
      最近、このような傾向の本ばかり読んでいる。
      所々に自分の馴染みの人物が出て来るのと、全く未知の人物を知るという二重の楽しみがあるのは確か。
      著者が...

      続きを読む

    セーフモード