P+D BOOKS 冥府山水図・箱庭

三浦朱門

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    短編出世作と不倫の性を描いた代表長編小説。「冥府山水図」は己の絵の完成に生涯を賭した老画家の鬼気迫る執念と、到達点のない芸術の魔性を巧みに描き、“芥川の再来”とまで評された著者出世作の短篇。東京山の手を舞台にした、広大な敷地に住む明治生まれの老父母、大正生まれの長男夫妻、昭和生まれの次男夫妻と、世代の異なる一族が繰り広げる赤裸々な人間模様を描いた「箱庭」は、一見平和で裕福に見える裏側に蠢く、性の衝動や空疎な関係性を生々しく描いた長篇意欲作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      「冥府山水図」
      現世にある雄大な大自然が
      変化を続けながらも永遠の美を保つ一方
      死のくびきを逃れられない我ら人間の芸術では
      どうあがいても、永遠をつかむことなどできないのだ
      だから我々は悩んでないで、...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001858865","price":"605"}]

    セーフモード