小学館ジュニア文庫 名探偵コナン 業火の向日葵

水稀しま(著)/青山剛昌(原作)/櫻井武晴(脚本)

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    名画がたどった運命と謎にコナンが迫る!!フランスのアルルで、ゴッホの名画「ひまわり」の一枚で消失したと言われていた「芦屋のひまわり」と同じ構図の作品が発見され、オークションにかけられた。ニューヨークのオークション会場でこの絵を落札したのは、なんと園子の叔父で鈴木財閥の相談役でもある次郎吉。次郎吉は落札の記者会見で、ゴッホの「ひまわり」七枚を集めた「ひまわり展」を日本で開催することを発表したが、その瞬間、怪盗キッドが現れ、その場は大混乱! だが、なにも言わずビルの周りを飛んだだけで姿を消したキッドに、コナンは不審を抱く。その後、「ひまわり」を輸送するためにチャーターされた飛行機は、次郎吉らを乗せてアメリカから日本へ飛び立つが、成田空港上空で突然爆破炎上する。機長らの努力の末、なんとか無事に空港に着陸することができたが、怪盗キッドに「ひまわり」を奪われてしまう。その後、小五郎の元にキッドからの予告状が届き、日本にある、もう一枚の「ひまわり」が狙われることに・・・! 「ひまわり」をめぐって怪盗キッドが暗躍するストーリー、キッドの真の狙いとは一体なんなのか? コナンが命がけで挑む、アートミステリー。※この作品はカラーイラストが含まれます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード