女性ホームレスとして生きる――貧困と排除の社会学

著:丸山里美

3,024円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

    女性ホームレスの知られざる生活世界に分け入り、女性が社会的に排除される過程を浮き彫りにする。路上にとどまる人びとの声に耳を傾け、自立を迫る制度の前提にある「主体」とは何か、「意志」とは何かを問い直す。第33回山川菊栄賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      事前に予想していたより学術的価値が高い内容だった。

      ホームレスには女性は少ないと思われがちだが、そうではなかった。
      「ホームレス」=「野宿者」ではなく、広義のホームレスではネットカフェ難民なども含ま...

      続きを読む
    • 2017/03/20Posted by ブクログ

      構造的に見えにくい女性ホームレス問題を浮き彫りにしている。これは著者だからできる調査ではないか! 興味深く読ませてもらいました。

    • 2016/05/27Posted by ブクログ

      http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB12084847?caller=xc-search

    開く

    セーフモード