【最新刊】幻霙

幻霙

1冊

斉木香津

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    同棲している彼女・桃里に、連続殺人犯と似ているといわれたことから、蒼太の日常に変化が訪れる。その変化は、ふたりの関係をゆっくりと蝕んでいく。――回想によって徐々に明かされる蒼太の過去。それは読む者の心を鷲掴みにする。『凍花』がベストセラーとなった著者の長編ミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/30
    連載誌/レーベル
    双葉文庫

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/11Posted by ブクログ

      派遣の仕事で行った倉庫で知り合った蒼太と桃里は会ったその日から一緒に暮らしている。蒼太目線の「Blue」の章と桃里目線の「Pink」の章が交互に綴られる物語は、二人の一見平穏な日常を描きながら、どこか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/01/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/04/21Posted by ブクログ

      最初はごく普通の恋愛小説みたいな出だしだったが、徐々に蒼汰の子供のころの様子などがわかっていき。。。というお話。一気読みしてしまった。
      育ってきた環境って大事だなあ、というのが感想。

    開く

    セーフモード