【最新刊】風待ちの港で

風待ちの港で

北方謙三

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひたすら純文学にこだわった20代。ハードボイルドを書き続けた30代。日本の時代小説から『三国志』『水滸伝』に転進した40代。そして、50歳。人生の折り返し地点。しかし、その年齢になってこそ手に入れられるタフネスというものがある。新しい風よ、吹け。変革はこれより始まる。作家・北方謙三の現在、過去、そして、未来への宣言の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/30
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 風待ちの港で2017/03/05Posted by ブクログ

      「ぼくのなかでは、なぜ少年の父親が助けが必要なのかまるでわかっていない。それでもすでに物語はできているのだ。」

      10年間の下積み時代を経て、
      作品を量産し続けている北方謙三氏のもの創りにおけるスタン...

      続きを読む

    セーフモード