【最新刊】徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!

徹底抗戦都市モスクワ

小泉悠/速水螺旋人

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆いまも謎多き軍都モスクワ1000万人の市民が暮らす大都市モスクワ、そこは軍事と表裏一体の街だった!?都市生活の合間に垣間見られる軍都としての姿、怪しげな噂が絶えないクレムリンや核戦争への備え、そしてソ連時代に建造され今も全貌が明らかとなっていない巨大地下都市という“都市伝説”の真相…。モスクワの隠された一面にスポットを当てる!◆軍事的モスクワ旅行のススメ“軍事のディズニーランド”を謳う巨大兵器テーマパーク「愛国者広場」、戦車マニアの憧れ「クビンカ戦車博物館」、珍品揃いの航空機展示で知られる「モニノ空軍博物館」、共産主義的巨大建造物「勝利記念公園」――などなど、モスクワは軍事的観光地(?)の宝庫!小泉悠氏が――ロシア人的大雑把さに振り回されつつ――これら施設を巡り見どころを紹介!★ロシア語が話せなくても行ける! モスクワ軍事スポット完全ガイド掲載

    続きを読む
    ページ数
    219ページ
    提供開始日
    2018/03/27

    レビュー

    レビューコメント
    • 1巻

      ブンガクじゃなくてすいません。本書はミリオタのためのモククワ観光ガイド。趣味が違う方に勧めるつもりはないが、僕のツボにはなぜか刺さった。モスクワは今も戦っている。それはロシアが戦い続けているからなのだ...

      続きを読む
    • 1巻

      ミリタリーマニア向け、モスクワガイド本。モスクワの成り立ちから冷戦期を経て現在までを俯瞰できる。とても勉強になった。またいきたい。「ロシア語には安全という言葉が存在しない」という一文が印象的。

    • 1巻

      ミリオタ向けの内容ではあるが、いわゆる軍事面でのロシア的なるものが、非常に具体的にわかる内容。クレムリン周辺ではGPSが狂うんだw。

    • 1巻

      螺旋人氏のイラストに惹かれて購入したが、内容もとても面白かった。それにしても「ソ連」というのはツッコミ所満載の国家だったんだなあ。今となっては「満州国」と同じくらい興味深い。「ロシア」になるとまだ生臭...

      続きを読む
    • 1巻

      軍事オタクによる、モスクワ近郊の軍事観光スポット紀行。オタクな視点が面白い、またモスクワには、英語の話せる観光警察官が居る一方、ガチムチな治安維持警察官オモンがデモ鎮圧してるとか、クレムリンしゅうへん...

      続きを読む

    セーフモード