【最新刊】十五の夏 下

十五の夏

2冊

著:佐藤優

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    ソ連・東欧一人旅。人生を変えた40日間。高1の夏休み、日本を飛び出し出会った外の世界。異能の元外交官にして、作家・神学者である“知の巨人”の原点。若いうちに外の世界を見ておくと、後でそれは必ず生きる。そのことをきっかけにして、自分がほんとうに好きなことが見つかるかもしれない。ほんとうに好きなことをしていて、食べていけない人を僕は一人も見たことはない。ただし、中途半端に好きなことではなく、ほんとうに好きなことでないとダメだ。十五の夏のソ連・東欧一人旅は、神様が準備してくださった道だった。→モスクワ→サマルカンド→ブハラ→タシケント→ハバロフスク→ナホトカ→バイカル号→横浜

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/28
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4.3
    49
    5
    25
    4
    18
    3
    4
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      第2の深夜特急。
      こんなに集中して、知的好奇心をくすぐられながらページをめくり続けたのは久しぶり。あっという間に読み終わる

    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      34年前の15歳の高校生が、共産圏の諸国を訪ねた旅行記
      。抜群の面白さで一気に読ませる。文句なしの五つ星。

    • 2019/07/14Posted by ブクログ

      高校1年であれだけ色々興味を持ち、また日本についても語れるというのがすごい。
      旅に出るまでの準備過程から面白かった。

    開く

    セーフモード