SLAM入門 ロボットの自己位置推定と地図構築の技術

著:友納正裕

2,970円(税込)
1%獲得

29pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。ロボットの自律走行・ドローンの自律飛行の鍵となるSLAM技術について一から解説した入門書。本書は、ロボットの自律走行・ドローンの自律の鍵となるSLAM(Simultaneously Localization and Mapping)技術について一から解説した入門書です。現在,SLAMは,車の自動運転,ドローンの自律飛行,ヒューマノイドの環境認識など,現在の多くのロボットにおいてかかせない基盤技術となっていますが,多種多様な基礎理論の上に成り立っているため,初学者のアプローチは決して容易ではありません.本書では,プログラムをつくりながら考えるスタイルにし,読み進めるうちに,必要に応じて基礎に立ち返ることができるようにしました.すなわち,「まずは原理も構造も簡単な部品をつくり,何がうまくいかなかったかを分析しながら,改良して部品を置き換える」という手順で,簡単なところから段階的に理解を深めてもらえるように解説しています(解説に使用しているプログラムはWebサイトより入手可能). ロボットの環境認識,センシング,SLAMなどに興味があり,既存のオープンソースを使うだけでなく,自分でプログラムをつくれるようになりたい,あるいは,プログラムの内容を理解したいと考えている人に,まさに「打って付け」の書籍です.第1章  はじめに第2章  SLAMの基礎第3章  SLAMの入出力第4章  SLAMシステムの具体化第5章  本書のプログラム第6章  オドメトリによる地図構築第7章  スキャンマッチング第8章  スキャンマッチングの改良第9章  センサ融合による退化への対処第10章 ループ閉じ込み第11章 SLAMの数学的基礎

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード