AI白書 2019

編:独立行政法人情報処理推進機構AI白書編集委員会

3,024円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    ▼国内と海外の人工知能の最新動向がすべてわかる、網羅的な白書の2019年版 “ディープラーニング”(深層学習)の登場以降、大変な盛り上がりとなっている人工知能(AI)。すでに研究段階から、社会への実装へとステージが進んでいて、一過性のブームでないことは明らかです。 しかし、海外、とくに米国・中国に比べて、AIの社会実装という面では、日本は大きく遅れをとっていると言われています。そして技術面においても、先行しており、かつ人的にも資金的にも大きなリソースを投入している米中に、日本が追いつくことは容易ではありません。これからの産業構造に大きな変革をもたらすであろうAIに、日本企業は、社会は、この先どう向き合っていけばいいのでしょうか。 本書は、AIの基礎的な技術解説から、国内外の多様な先行導入事例、制度・政策面での取り組み、中国のAI動向データや企業経営者の意識調査結果まで、AIにまつわる幅広い話題を網羅して収録しております。企業や社会がAIを実装するにあたってのひとつの指針として、本書をご活用いただけます。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/01Posted by ブクログ

      行き着くところって、完全記憶のゼロイチ型の仕組みと、人間型の物質型の仕組みが残るんですかね。クリーンエネルギーと歩行ができるようになったら、人間より強い生物にもなる可能性はあるよね。

    • 2019/01/21Posted by ブクログ

      『AI白書』なので、現時点でのAIに関する技術概要とグローバルでの取り組みが記載されている。

      ディープラーニングについてはかなり実装が進み、ツールもそろってきたという印象がある。ImageNetやW...

      続きを読む

    独立行政法人情報処理推進機構AI白書編集委員会の作品

    セーフモード