【最新刊】ありがとうは僕の耳にこだまする

ありがとうは僕の耳にこだまする

著者:東田直樹

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹。会話はできなくても「この気持ちを誰かに伝えたい」と、幼い頃から綴っていた10年分の「詩」。言葉と世界に真摯に向き合う強さ優しさが胸を打つ、全84編。「やさしい人」自分が知っていることはみんなも知っていると思うのは普通の人みんなは知らないことを自分は知っていると思うのは自分よがりな人自分の知らないことはみんなも知らないと思うのは自分勝手な人みんな知っているのかなぁと心配するのがやさしい人カラー写真を増補した文庫版。プレゼントにも最適!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • ありがとうは僕の...

      東田さんのことは授業で知りました。障害者・東田さんの魂の叫びが、選び抜かれた言葉に込められています。彼はまた、会話の出来ない他の多くの自閉症の人たちと、そばに寄り添うご家族をも救っています。言葉の力を...

      続きを読む
    • ありがとうは僕の...

      書店で目にした瞬間、タイトル / 表紙 / 帯の言葉 すべてに心が揺さぶられ、思わず手に取りレジへ直行しました。とにかく沁みる。どうしたらこんな言葉のつむぎ方ができるんだろう。やさしくもかなしく、まっ...

      続きを読む
    • ありがとうは僕の...

      飾らない言葉で描かれているからこそ胸に響いてくる! 「詩」って本当にすごいなあと改めて感じました。

    • ありがとうは僕の...

      先日読んだ『跳びはねる思考』東田直樹さんの詩集。勇気や希望をもらえる詩がたくさんあった。ユーモラスな詩も、最後にせつない余韻の残る詩もあった。作者の感性の瑞々しさを味わうことができた。

    • ありがとうは僕の...
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード