【最新刊】サブカルの想像力は資本主義を超えるか

サブカルの想像力は資本主義を超えるか

1冊

著者:大澤真幸

1,870円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史上、「資本主義の危機」は何度も言われてきた。しかし、資本主義は幾度もその危機を乗り越えてきた。これは、その想像力が私たちの想像力よりも勝ってしまっているからではないか。資本主義が終わった後の世界を私たちは“構想”することが出来ていないため、資本主義は続いてしまっているのではないか?いったい、これまでとは違う世界を私たちは見いだせるのか? 社会現象を起こした有名作品(フィクション)を手がかりに構想力を鍛えあげる、白熱の講義録!有名作品を入り口にして、資本主義社会の“その先”を考える。第一部 対米従属の縛りを破れるか取り上げる作品 『シン・ゴジラ』『木村正彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』他第二部 善悪の枷から自由になれるか取り上げる作品 『デスノート』『OUT』『薔薇の名前』他第三部 資本主義の鎖を引きちぎれるか取り上げる作品 『おそ松さん』『バートルビー』他第四部 この世界を救済できるか取り上げる作品 『君の名は。』『この世界の片隅に』『逃げるは恥だが役に立つ』他

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/22
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4
    10
    5
    3
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/03Posted by ブクログ

      前半は面白かったが後半『君の名は。』『この世界の片隅に』あたりになると急に内容が薄くなった。学期も後半になって集中力が切れたのかしらん。
      「資本主義」なんていうタームはそれほど出てこなかったと記憶して...

      続きを読む
    • 2018/08/25Posted by ブクログ

      ここに取り上げられていた作品、ほとんど見たり読んだりしたもので良かった。マイナーなものが好きかと思っていたが、基本はミーハーなので、話題作は映画もアニメも漫画も押さえているのだなぁと自分で感心?した。...

      続きを読む
    • 2018/08/18Posted by ブクログ

      ふだんなにげなく、「あれ?」と思うようなことに、みたことのあるドラマや映画、マンガを使って解説してくれる。面白くて刺激的だったな。あの映画が面白かったのは、こういう感覚があったからなんだ、なんて納得す...

      続きを読む
    開く

    セーフモード