【最新刊】現代日本の批評 2001-2016

現代日本の批評 2001-2016

1冊

監修:東浩紀×市川真人×大澤聡×佐々木敦×さやわか

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小林秀雄、吉本隆明、柄谷行人らから継承した日本に特異なジャンル「批評」は、ネットの発展とともに大変貌をとげた。ブロガーの登場、ネトウヨ、ザクティ革命、SIELDsを経て、批評はどこへ向かうのか。40年にわたる批評史の検証と、批評=病の恢復を目指す気鋭による白熱討論!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/23
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      こういうのも必要というか意義はあるのだろうとは思った。
      だが、論壇一般を批判する人というのはよほど偉くないといかんのではないか。それと、ここで引き合いに出されるのはもっぱら売れた本だが、気になったのは...

      続きを読む
    • 2018/05/24Posted by ブクログ

      2000年代以降の批評空間を斜めに切った感じ。東浩紀の立ち位置が今まで以上によくわかった。浅田、中沢、柄谷、蓮見、宮台、東。大体こんなかんじでしょ。

    • ネタバレ
      2018/03/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード