作家で十年いきのびる方法

鯨統一郎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    苦節17年にして作家となった伊留香総一郎。しかし、美酒に酔うはずの席で元上司は言った。「そんなに浮かれてていいのか?」彼の言葉が予見したかのごとく、第2作は初版止まり、ネットには酷評の嵐、仕事との二足の草鞋も限界にと一寸先は闇ばかり。そう、作家としての生き残りをかけた闘いがいま始まったのだ! 覆面作家の半自伝的物語であり、こだわりの小説作法集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード