【最新刊】空気の検閲~大日本帝国の表現規制~

空気の検閲~大日本帝国の表現規制~

辻田真佐憲

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    絶対悪の代名詞「検閲」。しかしその実態は? ブラック労働的な現場、検閲官とマスコミの驚くべき一体ぶり、官僚的セクショナリズムによる検閲の暴走、法外の手段を用いた非正規の検閲と、忖度による自主規制、世間との共振……。1928年~1945年のエロ・グロ・ナンセンスから日中戦争・太平洋戦争時代まで、大日本帝国期の資料を丹念に追いながら、一言では言い尽くすことのできない、摩訶不思議な検閲の世界に迫っていく。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/23
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/04Posted by ブクログ

      戦前の日本における検閲について、法律や所管部署等の制度面の説明や具体的に発禁となった文章の例を交えながら、その実態を描いた本です。検閲官と出版社のかけひきや実際に発禁となった事例は読み物として面白く、...

      続きを読む
    • 2019/01/27Posted by ブクログ

       戦前から戦中の検閲を振り返る。

       内務省による検閲は決して機械的なものではなかった。政治的なものから風俗的なものまで多岐に渡り、そのやり取りは時にユーモラスでさえあった。同時に、決して豊富な人手が...

      続きを読む
    • 2018/03/29Posted by ブクログ

      『空気の検閲――大日本帝国の表現規制』
      著者:辻田真佐憲

      【版元】
      2018年3月15日発売
      定価(本体880円+税)
      ISBN 978-4-334-04344-5
      判型:新書判ソフト

       絶対悪の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード