マリオネット師【第4巻】

小山田いく

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

人は財布に現金を入れる…人は財布に心を隠す…その財布に詰まった物語を抜いて食べてゆく男がいる…マリオネットを連れたスリ、九頭見 灯、前科0犯。灯の姉、蛍が外科部長を務める九頭見病院。ある日、その九頭見病院に一人の男が押し入り蛍を連れ出す。斗賀刑事と灯は九頭見病院に駆けつけるが、灯の両親は犯人が灯の仲間に違いないと灯を責めるばかりだった。一方、男は蛍に重症を負った強盗仲間の治療を強要するが、怪我をしていたのは蛍のかつての恋人、赤星だった。赤星の傷は重く、即刻入院しなければ命が危ない。しかし今は手持ちの僅かな器具で彼の命を繋ぎ止めるしか無い…。僅かな手がかりを頼りに蛍の行方を追う斗賀と灯、赤星を強盗に手を染めるまでに追い込んだのは自分ではないかと自らを責める蛍。果たして、灯は蛍を救出する事は出来るのか!? その他、貸金業の両親の元で追い込まれてゆく子供の心を灯が救う「飛び立つ季節」、灯とみのりが片田舎の温泉で行方不明になったみのりの友達を救出する「旅芸人」などを収録。「すくらっぷ・ブック」で温かな青春像を描いた小山田いくが一転、社会的テーマを絡めた人生劇の描き手として作品を通じ鋭い問題提起を行う、社会派少年漫画第4巻! 小山田いく先生の当時の単行本コメント。『「マリオネット師」3(前巻)で、いつのまにか、秋田書店から出していただいた僕の単行本も、40冊になりました。本当に、いつのまにか…という思いです。そしてこの、第4巻が41冊目。まだまだ、描きたいことが、山ほどある…この気持ちを忘れないために、これが一冊目の単行本のつもりで、また、長い路を歩ければ…と願っています。』

続きを読む
  • マリオネット師 全 11 巻

    未購入巻をまとめて購入

    マリオネット師 全 11 巻

    4,752円(税込)
    47pt獲得

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード