【最新刊】影踏み鬼 <新装版>

影踏み鬼 <新装版>

1冊

翔田寛

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸の町を舞台にした本格的ミステリー! 二転三転する驚愕の展開、鮮やかな謎解きに唸る!! 老舗の呉服店を襲った、ひとり息子のかどわかし。その奇妙な謎に、狂言作者が挑む――表題作「影踏み鬼」(第22回小説推理新人賞受賞作)ほか、全五編を収録。うち「奈落闇恋乃道行」は、第54回日本推理作家協会賞・短編部門の候補となった。明治初年にいたるまで、該博な知識とともに当時の情景を活写し、人間の業を浮き彫りにしたスリリングな傑作が、満を持して復刻!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/16
    連載誌/レーベル
    双葉文庫

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/09Posted by ブクログ

      翔田 寛の短編集、表題となった『影踏み鬼』ほか4編を収録。全て、江戸や明治の時代ミステリ。

      『影踏み鬼』は、翔田氏得意の誘拐もので、なぜ犯人は金を取りに来なかったのか?
      また、なぜ、裏の戸の閂が外...

      続きを読む
    • 2018/03/27Posted by ブクログ

      翔田寛『新装版 影踏み鬼』双葉文庫。

      『書店員さんが選んだもう一度読みたい文庫 時代ミステリー部門第1位』という帯に惹かれて読んでみたものの今一つの作品だった。及第点は表題作の『影踏み鬼』くらいか。...

      続きを読む

    セーフモード