家なき子の三つの願い

ミシェル・コンダー 翻訳:春野ひろこ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    大金で買われた恋人の無垢な願いは打ち砕かれて……。 50万ポンドを支払うですって! ポピーは思わず耳を疑った。インターン先のボス、大富豪セバスティアーノは続けた。“もし、ぼくの恋人のふりをしてイタリアに同行し、祖父母の結婚60周年パーティに出席してくれるなら”と。障害のある弟を抱え、夜も清掃員として働くポピーには、喉から手が出るほど欲しい大金だった。嘘が苦手なポピーは、ある三つの願いを条件に渋々引き受けた。上流階級のパーティに出て、とびきり素敵な人と踊るだけよ。だが、現実は甘くなかった。ボスに心まで奪われてしまったのだ。 ■気鋭の作家ミシェル・コンダーが描く、恋人のふりから始まる、切ない身分違いのロマンスをお楽しみください。偽の恋人でいることがつらいのは彼を愛し始めたから──ポピーは真実に気づいて……。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード