【最新刊】前代既聞 今むかし変わらん草紙―――江戸時代から横行する詐欺

前代既聞 今むかし変わらん草紙―――江戸時代から横行する詐欺

1冊

著者:高山宗東

438円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ・オレオレ詐欺・アフェリエイト・ソーシャルネットワーク実は江戸時代からあったということをご存じですか?私たちが生活している現在は、江戸からきた未来でした。悪巧みや心の病、考え方に生き方、いつの時代も日本人の本質って変わらないのかもしれない・・・本書を読んでいただき「昔も、こういうことがあったんだなぁ~」と、ほろ苦く笑える一助となれば幸いである。★ ☆ 同著者シリーズ ☆ ★・もののけ解題 おろちの棲処・もののけ解題 陰陽師 安倍晴明を紐解く・もののけ解題 妖怪ばなし七変化■目次・アキバハラのオタク文化――秋葉原について考える・あの世から来た、江戸の「オレオレ詐欺」―――知能犯罪をさかのぼる・友人の友人―――ソーシャルネットワークという装置・新撰組、遅延で切腹?―――メールの遅延事故について・アフェリエイト骨董屋―――牙あいというビジネススタイル・歴史のオリジナリティ―――コピーについて考える・カメラ付携帯と望遠鏡―――覗きのツールと美意識について・ソロバンリテラシーによるサムライデバイド・記憶という仕事・リサイクルの帳尻を考える・ぶらぶら病と五月病・露出願望と旅の空・デキる武士「道見」・地上の人工衛星・日和見・大御所はネットサーファ・木綿以後の事・暮れ襤褸年賀状・困惑の未来へ・予定は決定・「十万茶漬」と「大手饅頭」・没入は緊張感の逃げどころ・快適な「サーバールーム」と「土圭の間」・バージョンアップと更新の「負担」について・意外にシタタカな臍曲がり・無気力・無責任な売国・ロボットはアナログを目指し、職人は機械を志向する・カバヤキとゼンシンザ・リクルートスーツと武家奉公人の四季着・今昔地図対決・受信者が判読する情報・断末魔の無い革命・親魂の所在・「めぐし」「うつくし」「ろうたし」き君■著者 高山宗東1971年群馬県生まれ。近世史研究家、著述家、ワインコラムニスト。東京大学先端科学技術研究センター協力研究員、大阪市立ワインミュージアム顧問などを務める。國學院大學文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程前期修了。専門は、近世における戦国大名家関係者の事跡研究歴史考証、文芸評論、美術解説、葡萄酒解説、イラストなどを雑誌を中心に寄稿。併せて歴史、日本国語学(言語変遷史)などの講演も行う。本作品は、雑誌「アサヒパソコン」に連載した作品に修正と加筆を行った作品です。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/16

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード