【最新刊】もののけ解題 おろちの棲処―――日本神話に登場する伝説の生物「八岐大蛇」

もののけ解題 おろちの棲処―――日本神話に登場する伝説の生物「八岐大蛇」

1冊

著者:高山宗東

438円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現在「妖怪」や「あやかしの存在」として名を持ち、認識されているもの・・・すっかり文明化されているかに思える現代だが、ことほど左様に、日常の中にはまだまだ「もののけ」の要素が転がっている。●日本神話に登場する伝説の生物「八岐大蛇」●マニアの中では知名度の高い妖怪「小豆とぎ」●比較文化論として着目した「天井裏」それぞれ「もののけ」の段階まで遡り、その存在理由を鑑み、名付けられた背景としての歴史を繙いた論考の連作である。NHKのラジオ高校講座「現代文」にて、5月25日26日に著者作品を題材に使用していただきました。■目次●一之巻 大日本大蛇伝~我が国に幾多おろちの棲うこと・「斐伊川に棲む」ということ・古事記に記された「おろち」・語としての「おろち」・「鹿」か?「犀」か?・都市生活で失うモノ・斐伊川の赤き流れ●二之巻 妖異 小豆とぎ・奇妙な妖怪「小豆とぎ」・各地で散見されるすがた・越後の小豆とぎ・江戸の小豆とぎ・内か? 外か?・小豆と川・諸葛孔明の知恵・饅頭史(中国編)・饅頭史(日本編)・将軍吉宗と砂糖・饅頭甘い・小豆とぎの正体●三之巻 恐るべき天井裏・天井裏の怪・天井の効能・梁のオヤダマ・日常にひそむ「異界」・あの世の誤算・大国の妙■著者 高山宗東1971年群馬県生まれ。近世史研究家、著述家、ワインコラムニスト。東京大学先端科学技術研究センター協力研究員、大阪市立ワインミュージアム顧問などを務める。國學院大學文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程前期修了。専門は、近世における戦国大名家関係者の事跡研究歴史考証、文芸評論、美術解説、葡萄酒解説、イラストなどを雑誌中心に寄稿。併せて歴史、日本国語学(言語変遷史)などの講演も行う。執筆作品には『幕末・維新 長州傑士列伝』『ヤバイ日本史』『安くて旨い! ワイン図鑑 気軽に、楽しく飲みたい 「365日、ワイン宣言!」』『怪談のウンチク101 大江戸オカルト事情の基礎知識』『名字図鑑 名字でわかるあなたのルーツ、性格、運勢、適職・・・』『いま、「東北」の歴史を考える』『お言葉でございます』『地蔵びより』『お見舞い道楽。』「世界の腕時計」 文士と時計 株式会社ワールドフォトプレス 発行「義経伝説紀行」 江戸の義経 日経BP社 発行「ワイン王国」株式会社料理王国社 発行「ASAhIパソコン」朝日新聞社 発行などがあり。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/16

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード