【最新刊】わたし、定時で帰ります。―ハイパー―

わたし、定時で帰ります。

朱野帰子

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大注目のお仕事小説第二弾。絶対に残業しない主義の結衣だったが、なんと管理職になってしまう。新人教育を任されたものの、個性的過ぎる若者たちに翻弄される結衣。そんな折、差別的なCMで炎上中の企業のコンペに参加することに。パワハラ、セクハラのはびこる前時代的で超絶ブラックな社風に、結衣は絶句するが……。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/12
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/03/07Posted by ブクログ

      定時帰りをモットーとしてる結衣のお仕事奮闘記。少し恋愛ってところかな。

      日本人は根っからのがんばり屋体質だけど、仕事に命かけたって仕方ない。
      生活のためっていうけど、身体壊したらその生活すら立ち行か...

      続きを読む
    • 2020/07/14Posted by ブクログ

      あっという間に読み終わった。
      社会人となると何かしらの『圧』を感じるもので、明確なものがハラスメント関係だろう。
      下請けに強く出てまるで『奴隷』のように扱いたがる人間は意外と多いし、封建的な制度に押し...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      この手のお仕事小説でよくあるパターンと違って、本書は最初から定時で帰るスタンスの人物が主人公なのが珍しいような気がする。そして状況は、身近にありそうな会社の状況で身につまされる思い。ここでも「24時間...

      続きを読む
    開く

    セーフモード