元禄流行作家 わが西鶴(新潮文庫)

藤本義一

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    「わしは俳諧師という商人や」と豪語し、知恵才覚を駆使して版元を巧みに操ってゆく西鶴。「俳諧は興行や」といい、大坂住吉大社に人集めして昼夜ぶっつづけの矢数俳諧を行ない、世間を驚かせる西鶴。そんな彼が、芭蕉についに比肩することあたわず、俳諧へのこだわりをきっぱりと捨て、「好色一代男」をはじめとする浮世草紙作家へと変貌してゆくまで。――著者渾身の力作長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード