【最新刊】男は旗(新潮文庫)

男は旗(新潮文庫)

稲見一良

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大海原を制覇し、その優雅な姿は“七つの海の白い女王”と嘔われたシリウス号も今は海に浮かぶホテルとして第二の人生を送っていた。ところが折からの経営難で悪辣なギャングに買収されてしまう羽目に。しかし! シリウス号に集う心優しきアウトローどもが唯々諾々と従う筈はない。買収の当日、朝まだきの海を密かに船は出航した。謎の古地図に記された黄金の在り処を求めて……。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/03/14
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      稲見さんの小説はどれも好きだが、この「男は旗」に出てくる文章の端々がとてもいい。
      クリスマスシーズンに読むなら「セント・メリーのリボン」が最高。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      070922読了。現代(でもないか)の冒険小説。少々ご都合主義的な展開もあるけど、そんなの関係ない!夢と浪漫があればいーのだ。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)

      大海原を制覇し、その優雅な姿は“七つの海の白い女王”と嘔われたシリウス号も今は海に浮かぶホテルとして第二の人生を送っていた。ところが折からの経営難で悪辣なギャン...

      続きを読む
    開く

    セーフモード